沿 革
神田の教育
1890年創立、女子教育のエキスパート
神田女学園が創立されたのは、今から1世紀以上前の1890年。初代校長の竹澤里は、千葉県鴨川市の出身で、当時極めて低調だった女子教育の必要性を痛感し、苦学力行して東京女子高等師範学校(お茶の水女子大学)を卒業後、教育界に入り女子教育の先駆者のひとりとなりました。

以来、関東大震災や太平洋戦争など、幾多の試練を乗り越えて神田女学園の伝統は脈々と受け継がれ、女子教育の輪を広げていきました。
ちなみに岩波書店の創立者・岩波茂雄は青年時代、神田高等女学校で数多くの教科を担当する名物教師で、本学園を退職後すぐに岩波書店を創立したそうです。
神田女学園中学校高等学校 校歌


あした みどりの 空を仰ぎて
ともに いそしむ ひとみはめり
愛もて かざらん まなびの花園
光に羽ばたく われら 若鳥


土のきの 今もつたうる
まこと ひとすじ ほがらの心
きらめき流るゝ 竹水のごとく
希望 はてなき わかき命よ


清き まなびの 窓のともしび
長く しるべの 光となさん
心のふるさと 神田女学園
おんに栄えよ 我等が母校

〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-3-6 tel.03-6383-3751 fax.03-3233-1890
Copyright Kanda Jogakuen Junior & Senior High School All Rights Reserved.