中学説明会 高校説明会
資料請求はこちらから
中学校グローバルクラス新設
クラブ活動報告
KANDA LIFE『学園生活特設サイト』
KSS『神田土曜英語スクール』
在校生・保護者の方へ
神田女学園同窓会・竹水会
高等学校 確かな学力
主な学習内容
国語
   
特別進学
外部団体の懸賞作文への応募や「ディベート」などを取り入れています。
一方、有名女子大や上位大学の入試問題にも取り組み、早い段階から論理的な思考力を身につけます。また定期考査には、1〜2割の初見問題を出題しますが、これは演習問題や応用問題を解くことで応用力の定着を確固たるものにするためです。 
進学
外部団体の懸賞作文を始めKANDAカルチェの「創作短歌」「作家・作品研究」に取り組み、表現力を身につけます。一方、中堅大学の入試問題を繰り返し解き、基礎力だけでなく応用力を養います。
学習イメージ
国語
   
特別進学
オリジナルの小テスト、家庭用学習課題を多く課し、知識の定着に努めています。
授業では基礎概念の説明を重視し、計算の反復練習から、文章題、応用問題へと
発展させていきます。1年次より問題演習を多く取り入れ、大学入試問題などにも触れることで、必要な知識を蓄え、応用力を高めていきます。定期試験では、ある一定以上の大学入試レベルの問題も出題し、難関大学合格に向けた答案作成を指導します
進学
問題演習、確認テスト、家庭学習課題などを通して、基礎力を固めることは当然のこととして行っています。
ある程度の数学的なものの見方・思考力を養うために、さまざまな事象と数学との関連の問題や発展的な学習をすることで、数学に興味・関心を持ち、身近に感じられるようにする。1年では習熟度クラス別の授業形態をとり、効率よくきめ細やかな学習指導を行い、基礎基本の確実な定着を図っています。
国語
   
特別進学
学習内容の体系的な理解を図るとともに、授業進度に合わせた問題演習を行っています。難関私立大学への合格を目指し、また国公立大学に対応した選択科目も設置しています。映像資料の活用、ディベートやディスカッションによる自分の考えを伝える演習では単なる暗記作業に偏らない記憶に刻む学習が図られています。
また、的確に考えを伝えるための論述演習も適宜行っています。
進学
授業で学んだ内容を確実に身につけるために小テストを実施しています。
復習や弱点克服のために、オリジナル教材を繰り返し解き、基礎力養成を徹底していきます。また、スクラップブックやレポート作成等の調べ学習を多く取り入れることで、生徒自身の視点で社会の関心や問題意識、思考力を養います。地理・歴史・公民分野を幅広く学ぶことで、これからの人生を豊かに生きるための高い教養を身につけていきます。
国語
   
特別進学
受験に向けてセンター・2次試験を視野に入れ、1、2年の授業で基本的な知識や考え方を確実に定着させていきます。授業では、小テストを行い基礎力の定着を確認します。理系では、3年生で学習する内容を部分的に導入し、入試問題などにみられる総合的な問題にも対応できるようにしていきます。
進学
ただ暗記するだけでなく理論を中心に科学的に考える習慣を身につけることを目標にしています。授業では、出来るだけ日常生活の中で目に触れる自然現象と結び付けるように心がけています。
オリジナルのプリントで内容を深め、問題演習を行うことで計算問題などの苦手分野も着実に自分のものにしていきます。また、小テストを多く実施し、学習の定着度を確認しています。
国語
   
特別進学
2年次は、英語U(5単位)、ライティング(2単位)、英語特講T(2単位)の
3科目が必修で、英語の授業は週に9時間あります。3年次には更に増え、リーディング(4単位)、ライティング(2単位)、英語演習(2単位)、英語特講U(2単位)の4科目が必修となり、英語の授業は週に10時間あります。
専攻にかかわらず、ほとんどの大学の一般入試では英語が課せられていて配点も高いという現状を踏まえ、特別進学コースには一般受験を目指す生徒に「英語の授業がない日はない」という環境を用意してます。
進学
中学校での学習内容を総復習できる「基礎英語」は生徒の間で人気が高い科目のひとつです。辞書の引き方、名詞の複数形、be動詞と一般動詞、疑問文や否定文の作り方など、中学1年生の学習内容の復習から始めますので、英語が苦手でもう一度始めからやり直したいと思っている生徒にはとても喜ばれています。また、基礎英語は学習到達度別のクラス(初級・中級・上級)に分かれて授業を行いますので、周囲の目を気にせず安心して学習できる環境です。
topへ
footer